《昔、火事が鎮火したときに打った半鐘の一点打の音からという》物事が中途でだめになること。「計画がおじゃんになる」