[名・形動]5が原義》
  1. よくない状態にあること。また、用をなさない状態にあること。また、そのさま。「暑さで食べ物が―になる」「重病で、もう―らしい」「―なやつ」

  1. 効果がないこと。また、そのさま。むだ。「いくら頼んでも―だ」「―でもともと」

  1. しようとしてもできないこと。また、そのさま。不可能。「これ以上歩けと言われてもとても―だ」

  1. してはいけないこと。「ここでタバコを吸っては―だ」「黙って入っては―だ」

  1. 囲碁で、両者の境にあってどちらの所有にもならない目。

  1. 演劇などで、演出・演技などの悪い点についての注意や注文。「―が出る」

出典:青空文庫