《「かちいい(搗ち飯)」の音変化という》「餅 (もち) 」をいう女房詞。おかちん。

《「かち」の音変化》「かち(褐)1」に同じ。

「―の直垂 (ひたたれ) に小桜を黄に返したる鎧 (よろひ) 着て」〈保元・上〉

[副]

  1. 小さな堅い物が他の堅い物にぶつかるときの音を表す語。「石は鉄管にかちんと当たった」

  1. (多く「かちんと来る」の形で)他人の言動を不愉快に思うさまを表す語。「見下すような態度にかちんと来た」

ミャンマー北部のカチン州や中国雲南省などに居住する少数民族。ジンポー(景頗)。

[補説]広義には、ミャンマー北東辺境部の山地に居住するアツィ族・マル族・ラシ族などを含む。