• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

関西で、口に含めるくらいの大きさに砕いた氷のかけら。欠き氷。 夏》