1. 垂領 (たりくび) 衽 (おくみ) がなく、組紐 (くみひも) の菊綴 (きくと) じ胸紐があり、袖括 (そでぐくり) をつけて露 (つゆ) を垂らした衣服。袴 (はかま) と合わせて着用し、裾を袴の中に入れた。紗 (しゃ) 生絹 (すずし) などで作る。もとは庶民平服であったが、鎌倉時代以後は武家の礼服となり、また公家 (くげ) の常服にも用いられた。室町時代には風折烏帽子 (かざおりえぼし) をかぶるようになり、江戸時代には侍従以上の礼装として長袴を用いた。

  1. 鎧 (よろい) 直垂」の略。

  1. 直垂衾 (ぶすま) 」の略。

[生活]の言葉

[ファッション]の言葉

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。