• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

シソ科の多年草。山地に生え、高さ約1メートル。全体に香りが強い。茎は四角柱、葉は心臓形で縁にぎざぎざがある。8~10月、花穂を出して唇形の紫色の小花をつける。漢方で葉を乾燥したものを藿香 (かっこう) といい、薬用にする。

[生物/植物名]カテゴリの言葉