• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動カ下一][文]し・く[カ下二]《「湿気 (しけ) る」と同語源。「時化」は当て字》
  1. 風雨が強く、海が荒れる。また、海が荒れて不漁になる。「海が―・ける」

  1. 金回りが悪くなる。けちけちする。「当節はどこも―・けた話ばかりだ」

  1. 気持ちが落ち込む。しょげる。ふさぎ込む。「―・けた顔」

[動ラ五]下一段動詞「しけ(湿気)る」の五段化。「海苔 (のり) を―・らない所にしまう」
[動カ下一][文]し・く[カ下二]湿気を帯びる。しっける。「―・けたビスケット」→しけ(湿気)る〔五段〕