[副]《副詞「どう」+動詞「す」の命令形「せよ」の音変化から》
  1. 経過がどうであろうと、結果は明らかだと認める気持ちを表す語。いずれにせよ。結局は。「―勝つんだ、気楽にやろう」「―やるなら、はでにやろう」

  1. あきらめや、すてばちな気持ちを表す語。所詮 (しょせん) 。「―私は下っ端 (ぱ) ですよ」

出典:青空文庫