《「おどす」の略か》

  1. 人を刺すための、短刀・匕首 (あいくち) など、小型の刀。

  1. 人を恐れさせるような、すごみ。「どすの利いた声」

disk operating system》⇒ディスクオペレーティングシステム

[接頭]多く色を表す形容詞に付いて、濁ったようなさまであることを表す。「どす黒い」

出典:青空文庫