• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

日本で開発されたピアツーピア型のファイル交換ソフトの一。

[補説]利用者の匿名性が非常に高いため、違法なファイル交換に使用されやすく、著作権侵害行為を幇助 (ほうじょ) したとして開発者が逮捕されたという経緯があった。一審は有罪であったが、平成21年(2009)10月、大阪高裁は、「ウィニーにはさまざまな用途があり、価値中立的なソフト」であるとして無罪の判決を出した。平成23年(2011)12月、最高裁判所検察側の上告を棄却し、無罪が確定。ソフトの公開・提供が著作権侵害の幇助にあたるのは、「そのソフトが具体的な侵害行為が行われることや、入手者の多くが違法な用途に利用する可能性が高いことを、提供者が認識・容認していた場合に限られる」との基準が示された。