フランス南部、ガール県の港町。ローヌ川の三角州、カマルグ湿原地帯潟湖に面し、13世紀、ルイ9世によって築かれた城郭都市に起源する。十字軍遠征の拠点として栄えたが、運河に土砂が溜まり港湾としての機能を失い、次第に衰退した。中世の歴史的建造物が数多く残っている。

[地理/外国地名/西ヨーロッパ]カテゴリの言葉