メキシコ東部、ベラクルス州にある遺跡。メキシコ湾岸の都市ポサリカの南東約10キロメートルに位置する。ベラクルス古典期文化の代表的な都市遺跡として、1992年「古代都市エル‐タヒン」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。多数の神殿や、何らかの祭祀 (さいし) が行われた球戯場がある。