• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宇宙機を加減速する際、位置エネルギーが小さく速度が大きくなる地点で行うほうが、他の地点で行うより運動エネルギー的に効率がよいという効果。たとえば、一旦、地球周回軌道に乗せた探査機を火星などに送り出す際、近地点で推進剤を燃焼させるのが最も効率的となる。ドイツのロケット工学者オーベルトが考案。