• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

チュニジア中西部の都市。19世紀末より燐鉱石を産し、鉄道輸送の拠点として発展。周辺の農産物の集散地。古くは旧石器時代のカプサ文化の遺跡があるほか、古代ローマ時代の浴場や東ローマ帝国時代の砦などが残っている。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉