• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Sthanumalayan Temple》インド南部、タミルナドゥ州の町スチンドラムにあるヒンズー教寺院。「スターヌ」はシバ、「マラ」はビシュヌ、「ヤン」はブラフマーを意味し、三神を祭る。現在見られる寺院は17世紀に建造。高さ40メートルのゴープラム(塔門)は、単色ながら、ヒンズー教ゆかりの神々などの精緻な浮き彫りで埋め尽くされている。単一の石から彫り出された、高さ6.4メートルという同国最大級の聖牛ナンディーの像がある。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉