• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

イスラエル中西部の都市。地中海に面し、同国の政治・経済の中心地。1909年ユダヤ人移民によって建設が始まり、1949年に隣接するヤッファと合併。市街中心部には1930年代に建てられたバウハウス様式の建物が数多く残っており、その白い外観から「白い都市」と呼ばれる。2003年、「テルアビブのホワイトシティ、近代化運動」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。人口、行政区39万(2008)。テルアビブ。

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉