スペイン中東部、アラゴン州の都市。イベリカ山脈東部、グアダラビアル川(トゥリア川上流部)沿いに位置する。サンタマリア大聖堂、サンペドロ教会、サンマルティン教会、エルサルバドル教会がイスラム文化を取り入れた中世スペイン建築の傑作として知られ、1986年に世界遺産(文化遺産)に登録。またサラゴサをはじめアラゴン地方にある他のムデハル様式の建築物も含め、2001年に「アラゴン州のムデハル様式の建造物」の名称で拡張登録された。