【お知らせ】メンテナンスのため、5/26(火)10時〜15時は閲覧履歴・ブックマーク機能がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

ベルギー西部、エノー州の都市。初代フランク国王クロビス1世の生地。6世紀にフランク王国の中心地として司教座が置かれた。タペストリーや陶磁器の生産で発展。12世紀から13世紀にかけて建造されたロマネスク様式のノートルダム大聖堂と12世紀末に建造された同国最古の鐘楼が、それぞれ世界遺産(文化遺産)に登録されている。オランダ語名、ドールニク。