• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

工業材料をはじめとする物質の硬さ(硬度)の示し方の一。押し込み硬さの一種で、対角線長が異なるひし形をした四角錐(頂角172.5度と130度、対角線長比1:7.11)のダイヤモンドを試料表面に押し込み、ビッカース硬さと同様に、できたくぼみの表面積でその荷重を除した値で表す。単位はHK。1939年、米国のウィルソン社により考案された。ヌープ硬度。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉