• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ネオジム、鉄、ホウ素を主成分とする永久磁石希土類磁石の一で、実用化されている磁石の中で最も磁力が強い。加熱すると熱消磁を起こしやすいため、ジスプロシウムを添加して保磁力を向上させる。ハードディスク、携帯電話、ヘッドホン、ハイブリッドカーのモーターなどに用いられる。昭和57年(1982)、佐川真人が発明。ネオジム鉄ボロン磁石。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉