スペイン南部、アンダルシア州の町。地中海に面し、コスタ‐デル‐ソルの海岸保養地の一。海に張り出した展望広場は、かつてイスラム教徒の要塞があった場所で、19世紀にスペイン王アルフォンソ12世が訪れ「ヨーロッパのバルコニー」と称したことで知られる。郊外の町マロには先史時代の壁画や住居跡が見つかったネルハ洞窟がある。