• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

取り立てて言うほどのこともない。何ということもない。

「秋の夜も名のみなりけり逢 (あ) ふといへば―・く明けぬるものを」〈古今・恋三〉