• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動カ下一][文]しか・く[カ下二]
  1. 相手に対して、こちらから働きかける。相手が乗ってくるように扱う。仕向ける。「技を―・ける」「けんかを―・けられる」

    1. ㋐作用するように、装置・工夫などを設ける。「わなを―・ける」「ダイナマイトを―・ける」

    2. ㋑煮炊きするために、火の上にかける。「御飯を―・ける」「なべを―・ける」

  1. 動作・作用をしはじめる。また、何かをしはじめて、その中途である。「話を―・けてやめる」「仕事を―・けている」

  1. 取引市場で、株価の騰落を予想して、新たに売買の注文をする。

  1. 物を作って、それを他の物の上にかける。

    1. 「御衣掛 (みそかけ) の御装束など、例のやうに―・けられたるに」〈・葵〉

  1. 浴びせかける。ひっかける。

    1. 「父君に尿 (しと) 多 (ふさ) に―・けつ」〈宇津保・蔵開上〉

出典:gooニュース