• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[副]

  1. (あとに打消しの語や反語を伴って)打消し・反語の意味を強める。決して。いささかでも。かりそめにも。「仮にも良心を欺くようなことはしたくない」

  1. 十分でないにせよ、一応ある事実があることを表す。曲がりなりにも。かりそめにも。「仮にも宣言したのであるならば実行すべきである」

  1. 一時的にも。ちょっとでも。

    1. 「弓矢とる身は、―名こそ惜しう候へ」〈平家・四〉