• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. どれほどの個数。いくつ。個数が不明であるときに用いる。「あと―必要ですか」

  1. 《「なんご」とも》遊戯の一。碁石や細かく折った杉ばしなどを、手の中に握って差し出し、持っている数を当てさせるもの。

  1. 江戸時代、一文銭を手のひらに握り、その数を当てさせるばくち。