《動詞「はい(入)る」の連用形から》

  1. 門から家までの所。はいいり。

    1. 「見にと来る人だにもなしわがやどの―の柳下払へども」〈和泉式部集・上〉

  1. やっとはいれるくらい、きわめて狭いこと。

    1. 「さらでだにいぶせき―の小屋」〈咄・醒睡笑・六〉

出典:青空文庫