論理学で、判断において主語の外延全体に論及すること。→特称単称

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉