• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

地図投影法の一。地球に接する円筒面に、経線緯線などを地球の中心に視点を置いて投影し、それを平面に広げたもの。経線は等間隔の平行線に、緯線はそれと直交する直線になり、高緯度ほど間隔が広くなる。メルカトル図法などがある。