• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

土管に似た円筒形で、外側に数本の突起した帯をめぐらせた埴輪。高さ60~100センチ。墳丘上に垣根のように同心円状にめぐらせた。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉