《土で作った輪の意》4~7世紀ごろ、古墳の上または周囲に立て並べた素焼きの土製品。弥生時代の壺 (つぼ) をのせる器台を起源にもつ円筒埴輪と、人物・馬・猪 (いのしし) ・犬・鶏・水鳥・盾 (たて) ・靫 (ゆぎ) 蓋 (きぬがさ) ・家などの形をした形象埴輪に大別される。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース