• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

製造業者などがその商品を販売する卸売業者や小売業者に対して顧客への販売価格を指定し、これを維持させる契約。再販契約。再販制。

[補説]日本では、著作物である書籍・雑誌・新聞・音楽ソフトの4品目が対象とされる。再販売価格を維持する行為は、独占禁止法で原則として禁止されているが、文化の振興・普及の観点から、これらの著作物は例外として認められている。かつては公正取引委員会によって指定された商品にも適用し、医薬品などが対象とされたが、現在は廃止されている。なお、タバコについては、たばこ事業法の規定により、財務大臣の認可を受けた小売定価以外での販売が禁止されている。