• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

多くの寺院に巡礼参詣して、自分の生国や名前を記した納札を寺の柱や扉にはって歩くこと。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉