• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 人々の話の種になる。評判になる。

    1. 「僕なんぞでも、こうやって始終書いて居ると少しは人の―・るからね」〈漱石・野分〉

  1. だまされる。口車に乗る。

    1. 「迂闊 (うっか) り―・ったのが矢張此方が馬鹿なのサ」〈魯庵・くれの廿八日〉