• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 瀬戸焼のうち、鎌倉・室町時代に焼かれたもの。釉 (うわぐすり) は灰釉 (かいゆう) ・飴釉 (あめゆう) を用いた。

  1. 茶道で、鎌倉時代の初代藤四郎(加藤景正 (かとうかげまさ) )作と称する茶入れ・茶壺の類。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉