[動マ五(四)]

  1. 風が吹いて中へ入りこむ。また、風に吹かれて、雨・雪などが中へ入りこむ。「雨が―・む」「すきま風が―・む」

  1. 吹いて中へ入れる。「風船に息を―・む」「新風を―・む」

  1. ある精神・考え方を教え込む。「片寄った思想を―・む」

  1. レコーダーなどを用いて録音する。「テープにメッセージを―・む」

出典:青空文庫