• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代、皇后・皇太子の行啓などの際に、衛府の武官が警衛に当たること。また、その官人。