• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

奈良県吉野郡天川村にある寺院。のちに修験道の開祖となった役 (えん) の行者 (ぎょうじゃ) が修行をし、開いたとされる霊場。本堂は江戸時代の元禄4年(1691)に再建されたもので、国の重要文化財。蔵王権現像を祭る。大峰山の中心、山上ヶ岳の山頂にあり、吉野山にある金峰山寺 (きんぷせんじ) の本堂を「山下 (さんげ) の蔵王堂」と呼ぶのに対し、「山上の蔵王堂」と呼ばれる。平成16年(2004)「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産(文化遺産)に登録された。