[名]
  1. 物事や事柄の大体。大部分。あらかた。「大方は理解できた」「給料の大方が食費に消える」

  1. 普通の物事。世間一般。世間一般の人。「大方のご希望に添いたい」

[副]
  1. だいたい。大部分。あらかた。「仕事は大方かたづいた」

  1. 恐らく。たぶん。「大方寝坊でもしたのだろう」

  1. (多く、話を切り出すときに用いて)大づかみに言えば。だいたい。およそ。そもそも。

    1. 「―、この京のはじめを聞ける事は」〈方丈記

  1. (否定の語を伴って)いっこう。全然。

    1. 「人を遣りて見するに―逢へるものなし」〈徒然・五〇〉

[形動ナリ]普通であるさま。一般的なさま。ひととおり。
    1. 「世にある人の有様を、―なるやうにて聞き集め、耳とどめ給ふ」〈・末摘花〉

出典:青空文庫