• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[形動]

  1. 細部にまで注意が届かず、雑であるさま。「大雑把な仕事ぶり」

  1. 細部にわたらず、全体を大きくとらえるさま。おおまか。「大雑把な見積もりを出す」