雅楽の舞曲。唐楽壱越 (いちこつ) 調の曲。二人舞(時に一人舞)で、舞人は笏 (しゃく) を持ち、巻纓 (けんえい) 冠に安摩の面 (おもて) をつける。答舞 (とうぶ) の「二の舞」を伴う。安摩の舞。→二の舞