• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《発音は梵ambā(母)からといい、表記は「比丘尼 (びくに) 」の「尼」を用いたもの》

  1. 仏門に入った女性。比丘尼。

  1. キリスト教で、修道院に入った女性。修道女。

  1. (「阿魔」とも書く)女性をののしっていう語。

  1. 平安時代以後、肩の辺りで切りそろえた1の髪形。また、その髪形をした少女。

    1. 「―に削 (そ) ぎたる児 (ちご) の目に髪のおほひたるを」〈能因本枕・一五五〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[宗教・思想/キリスト教・ユダヤ教]カテゴリの言葉