• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 舞楽「安摩」に用いる仮面。長方形の厚紙に薄絹をはり、墨で様式化した人の顔を描いたもの。→蔵面 (ぞうめん) 

  1. 矢羽根の斑 (ふ) の一。上に黒い山形、下に黒いうろこ形の斑のあるワシの白羽。あまのめ。