• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ヘーゲルの精神哲学における概念。精神の発展段階で、主観的精神から絶対的精神へと展開する中間の段階に位置するもの。具体的には法・道徳・人倫という諸形態で顕現する。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉