• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宮中で宿直の官人が定刻に声をあげてその氏名を名のること。また、その声。→名対面

「名対面 (なだいめん) は過ぎぬらむ、滝口の―今こそと」〈・夕顔〉