ラン科の多年草。日本特産で、本州中部以北の高山に自生し、高さ5~15センチ。楕円形の葉が根元に2枚つく。7月ごろ、針状の苞 (ほう) をもつ白い鐘状の花を2~6個つける。