《「峰 (を) の上 (うへ) 」の意》山の高い所。山の頂。

「越えなやみ我が行きとまる夕山の—を月は今ぞ出づなる」〈風雅・旅〉

兵庫県加古川市地名。尾上神社があり、境内の松は、高砂 (たかさご) の松、尾上の松、相生 (あいおい) の松ともよばれた。[歌枕

「—なる松の木末はうちなびき浪の声にぞ風もふきける」〈拾遺・雑上〉

浄瑠璃加賀見山旧錦絵 (かがみやまこきょうのにしきえ) 」の登場人物。足利家の中老で、局 (つぼね) の岩藤に草履打ちの侮辱を受けて自害する。

出典:青空文庫

出典:gooニュース

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年5月