• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

腹壁および子宮壁を切り開いて胎児を取り出す方法。自然分娩 (ぶんべん) が困難な場合、分娩を早く終わらせる必要がある場合などに行われる。名は、カエサル(シーザー)がこの方法により産まれたという説、また、切る意の(ラテン)caesuraをカエサルと誤ったという説に由来。

出典:gooニュース