1. 樹木の横断面にみられるほぼ同心円状の輪。温帯林では形成層の肥大生長が気温で異なり、春から夏にかけて活発に生長し、冬に休止するので、1年の間に粗と密の輪ができる。熱帯降雨林では1年じゅう生長を続けるので、年輪はふつう認められない。

  1. 多年にわたり積み重ねられてきた経験。「人生の年輪を感じる」

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫