• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動サ四]《「尾指す」の意》北斗七星の柄の先が十二支のいずれかの方向を指す。陰暦の1月には寅 (とら) の方向を、2月には卯 (う) の方向をと、順に1年の間に十二支の方向を指す。
  • 「北斗も―・す丑三つの空ものすごく」〈浄・井筒業平〉