• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

末の子は親と血が最も近いから、最もかわいい。弟は血の余 (あま) り。

「―といとをしく、あくがれたづね給ひしを」〈浄・十二段草子〉